読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵内殻より

考えてるけど答えは出ず

視えないと視える(視えない)

最近はアルスマグナの事ばっかりで、はてぶグループも抜けた方が良いのかなあと思ったりしています。

失恋男子の西島顕人さんのページの感想まだだからそれも書かなきゃ…!!

と思いつつ、ふと思った事をだらっと書きます。

 

さる3/28、武道館で行われたアルスマグナのライブに参加したのですが、その直前にFC会員枠の「ミート&グリート」の応募がありました。

当たると思わず申込み、ライブの5日前にFCからメールで…A賞「メンバーからの海外ライブのお土産」が当たりました。

わーーーーい!!と喜んで当日受け取ったのは赤色の「アキラ君からの縁起の良いお土産」でしたw

上海か台湾か、どっちか解らないけど友人に見せたら「中国だと【紅】は幸せの色なんだって」と教えて貰いました。

「赤」はアキラ君のメンカラでもあるのですが、そうだとしてもそんなん、私の方がアキラ君の幸せを願ってやまねーわと思いました。

 

前置きが長くなりましたが、何となくこの「幸せを願ってやまない」と言う自分の言葉でふと、六角公演千秋楽の幕間氷帝の滝さんを思い出しました。

 

我々が大義で使っている2.5次元舞台は大体が原作があって、完結していて、行く末が決まっています。

でもあの時、六角戦のあの瞬間、滝さんは「レギュラーになって全国大会に行く」と言って涙を流していて、ふがいなかったとも言っていて、悔しくて涙が溢れたんだろうと思いました。

でも、じゃあ、先の未来を知っている山﨑さんは、何を思って泣いたんだろうと考えてしまって。

これは対戦校を見る度に思っていた事で、何十回も、負ける未来を知っている状態で、勝つと思って戦うって一体どんな苦行だろう。

知っているのに知らないと言う体裁を取る事って、きっと私たちが推し測れない程大変なんだろうと思います。

私達が願った所で結果が覆らない未来。

 

そしてアルスマグナで知った先の見えない2.5次元。

何が起こるか解らないゆえに、起こった事が彼らの「事実」になる。

普通の人と同じく後からできる過去や、見えない所で作られていく「現在」

廃盤になるギリギリで買えた彼らのメジャーデビュー直前の「LIVE TOUR 2014 Q愛DANCIN‘ フラッシュ ~全国縦断!夏合宿~」のDVDで、ライブ終演後袖に帰ってくるメンバーが一言ずつ感想を言って行く中で、最後にアキラ君がパッと走ってきて「良かったです」と言った瞬間泣き出してしまって。

メジャーデビューまで色々あって、ライブツアーが終わって色々な糸が切れたんだろうなって思いました。

彼らは彼らで、幾らでも変化する見えない未来に向かってがむしゃらに走って行くのはとっても怖かったり大変だったりするんだろうと思います。それだけじゃないと解っていても。

 

どんな形の未来であれ、できる事なら色んな頑張ってるみんな様の幸せを、私は願ってやまないのです。

oh…

仲間内で、言葉にしがたい状況に遭った際に「oh…」とよく言うんですけれど、ちょっとこれだけ書いとこうと思って。

 

失恋男子届きました。

写真集としてもとっても素敵な作品で、その中に西島さんが参加している事がとっても嬉しくって有難くって、何度も最初から最後まで見てしまう写真集です。

色んな役者さんがいらっしゃるので、この方はこんな表情もするのか…!と気づきの多い素敵な写真集でした。

 

ここからoh…案件です。

最後のページに各役者さんの簡易なインタビューページがあるんですが、西島さんのプロフ欄…

所属先の記載がありませんでした…

確認しましたが昨年2月の回転する夜のパンフにはまだありました。

ブラステはパンフを持っていないので確認できないのですが…いつから…てかブログは更新はないけどまだ残ってるし、トップにはvifの住所残ってるしで、軽くパニックです。

君が元気ならそれで良い…と言っていた自分はどこ行った…。

 

所属先がなくなるってこんなに動揺する案件だったんですね。

うううう~~ん…。

 

落ち着いたら、また写真集の感想書きます。

写真集自体は本当に素敵なので気になるな~って思われましたら是非ちょっとサイトを覗いて見てください!!(宣伝)(一般発売開始してるのに予約フォームしかないのですけど)

shitsuren-banashi.com

テニミュ3rdシーズン青学vs六角 福岡公演を観劇しました

今回は千秋楽ライビュを観る前に福岡公演の記事を書くぞ!と意気込んでいたのですが、福岡から帰ってきた直後に風邪をひいてしまい、千秋楽直前に感想記事を書いています。

寄る年波には勝てません(ヽ´ω`)

 

さて、福岡公演2/4昼から2/5昼の三公演を観てきました。

M1から、リョーマ役の阿久津仁愛さんの声が掠れていて、もしかしてどこかで喉を痛めてしまったのかなと思ったのですが。

変声期じゃない?と友人と言っていて、年齢的にもそうかもね~と、寧ろそうであってほしいと祈っているところです。

今回の六角戦はリョーマ君の試合がないとは言え、主人公ですから歌うシーンはそれなりにあって、悪くならない事を願うばかりです。

知り合いのテニモンから噂はかねがね聞いていた9代目36組!

キャラクターショットの時からお顔綺麗だなあ、可愛いなあ!って思っていましたが、実際に試合で二人揃った所のキラキラ加減が半端なかった。

お二人とも本格的なデビューは今公演からのようですが、このキラキラは勿論これまでの努力もあるでしょうが、元々の性質もあるのかなあって。

永田さんはこれからきたる松村さんとのゴールデンペアも楽しみです。

私アクロバティック&ジーニアスがめちゃめちゃ好きなんですけど、今回残ってて凄く嬉しかったです!!!

そこで4人の中で一番目を引いた(耳を引いた?笑)のはサエさん役の二葉要さん。

変な言い方ですが、「舞台俳優」らしい歌い方と言うか、はっしとしていて、聞き取りやすい歌声で「サエさん、歌までこんなにハンサムボーイなのか…!!」と。

千葉のロミオやべえ!と思いました。

二葉さんのサエさんは、東京的な都会とはちょっと外れた所の中学生らしさと年端のいかない少年の爽やかさが溢れていて、単純にこのサエさんは爆モテしている…と感じました。

 

今回福岡公演を観て、一番に感じたのが「久しぶりに“楽しい”テニミュを観た」と言う感想です。
決して今までが楽しくなかったと言う訳ではなく、六角との対戦がそうであるからだけでなく、9代目や六角キャスト陣から伝わる「前向きさ」のようなものを感じました。
舞台上から放たれるポジティブで明るい気迫?オーラ?みたいなのを全身で浴びたような、観終わったあととっても清々しかったです。
これだからテニミュはやめられねえ!!と友人とスカイプしながら晩酌をしました

(その後に風邪を引きました。アドレナリンが出ていたんだな…流石テニミュだ)

 

ここからは、あまり話してもピンときてもらえない個人的爆萌え箇所なんですが、今公演のライトのエフェクト?凄い良いな!!?って大興奮でした。
氷帝の氷っぽいライト、あれが跡部部長を中心に舞台の奥から手前まで、道の様に真っ直ぐ当てられるの凄い、物凄くFrozen(アナ雪原題)感あってんんわああああ!!!ってなりました。

ズルい!!氷帝はいつもカッコ良くって本当にズルいなあ!!!(大の字)

手塚ゾーンのライトもあんなんだったっけ!?と危うく前のめりになる所でした。
2ndまでの外側に向かってフェードアウトしていくタイプの二重渦巻で一方が回転するライトのイメージが強かったので、今回の丸っぽくて柔らかい花火のような模様の静止ライトで、攻撃的な印象が少し和らいだように思います。

跡部部長のソロで観れる舞台上に三方向に当たる菱形ライトが、曲の終盤、中心に立つ跡部部長の足元にキュッと集まっていくのも、その時の跡部部長の神々しさと相俟って「人ではない美しい何か」感が強調されていて震えました。

どこまで「美しいもの」に仕立て上げれば気が済むのか…!!

 

あとライトなどと関係ありませんが、この跡部部長のソロで客席側に背を向けて腕を動かす時に一緒に動く跡部部長の肩甲骨がとんでもなく美しいのでライビュではそこをバストアップ位の近さで映してほしい気持ちでいます(足先まで美しいので本当なら全身が好ましいです)

 

今日、あっという間に千秋楽ですね。少し短すぎやしないかと思っています。

もっと観ていたい。

こんなにポジティブでフレッシュなテニミュは久々な気がします。

顔が見えないブロマイド

前回の記事で「紙物のグッズに対する執着が激しい」と書きましたが、多分、他の方に比べると割と普通だと思いなおしました。多分、普通…。

必要な枚数しか買わないし。

蒐集癖があるせいか、中でもブロマイドを集める事が凄く好きで。

(西島さんが某プロダクションとか大きな事務所所属じゃなくて良かったと思ったりもします。買えない事がストレスで死んでしまう…)

 

アルスマグナでもそれは健在で、しかしアルスちゃんは「くじ写真」と言う名のランダムブロマイドしか用意されていません。

ライブごとに全100枚。全100枚が、ランダム。

しかしここで驚いたのが1枚100円。

あんまり安すぎて、テニモン友達にLINEを送ったレベル。

1度の会計で60枚1セットしか買えませんのでせめて2回は物販に並ばなければと思って、勇んで参加した夏ツアーでは120枚で全種揃いませんでした。ぐぬぬ

 

またこのくじ写真、新作が出ると必ず全100枚(増える事もあるみたいです)になるように過去の写真がなくなります。

そこで過去にどんな写真があったのか、仲良くなったアルスメイトの方に見せてもらったり、検索を掛けてみましたら、凄い写真がありました。

あんまり衝撃を受けて、遮二無二(あまり大きな声で言えませんがK-Booksで購入しました…)手に入れてしまいました、こちら。

 

f:id:trgr:20170125021339p:plain

 

凄い。

何が凄いって「全員の顔がはっきり見えない

多分若手俳優なら「顔が見えない写真」って、写真集などで数ページあってもおかしくないシチュエーションかと思いますが、こちらの写真はランダムとは言えこれ単体で販売された「ブロマイド」です。

若俳ではありえない、顔が見ないブロマイド。

完全にこの写真の「シチュエーション」と醸しだされる「雰囲気」、そしてアルスちゃん達の「関係性」と「存在」を売りにしている写真に衝撃が凄くて、この実物を手にした瞬間の感動が一入でした。

個人的な「このブロマイドがすごい!2016」大賞受賞ブロマでした。このブロマイド自体はもっと以前のものですが。 

 

こう言った、顔が見えない写真は、付加設定がある2.5次元系舞台やコンセプチュアルユニットなど特有のものではないかなと思いました。

ただユニットを組んでいる若手俳優では、中々難しいのかなって。

まず彼らの「関係性」が、ファンに広く知れている事が大前提で、そして個人個人の「存在」がはっきり確立されていなければ、「雰囲気」を写真として切り取ることができないと思います。

「シチュエーション」だけなら、きっと用意されればできるんでしょうけれど、それはいくつもあるうちの一つなら気にならないけれど、それのみが主体となると、売る事が難しいものになる。

アルスマグナ」をうまく利用したブロマイドだなあって、この一枚は凄く好きな写真です。あと4,5枚欲しい。

 

あと個人的に、アルスちゃんのくじ写真で「これテニミュも採用してくれないかなーーー!!!」って思ってるシリーズが、こちら。

 

f:id:trgr:20170125023934p:plain

 

テニミュ式に「ドタバタ◇じゃれ合いショット」と勝手に呼んでいます。

各々のメンバーでのツーショット!これ!!テニミュでもせめてダブルスでこう言うブロマイドがあっても良いのでは…!!?!!?と思っています。

最近ではアルスちゃんも単体のブロマイドが多いみたいで、上記の写真以降新しいツーショ系写真はないみたいなんですが(お外のイベントに出演した記念にアルスちゃんの集合写真などはあります。こちらもランダムだったりするようです、えげつない)

 

私は観るものが極端に少ないので、他にも何か「これは!!」と皆様が思う様なブロマイドがありましたら、教えて欲しいなって思いました。

世の中にはもっと面白いブロマイドがあるのではないか…!?と思い、またアルスちゃんの上記の顔が見えないブロマイドの事を(誰かに)知らせたい!!あわよくば一緒に「凄ない???」って言い合いたいと思って記事を書きました。

 

あと、以前に「テニミュのブロマイドのキャスト写真分の題名がトンチキ」と思って2ndシーズンのみですが、まとめた画像も添えておきます。

f:id:trgr:20170125024759j:plain

 

f:id:trgr:20170125024905j:plain

逆にアルスちゃんは春の大運動会2014の「やる気まんまん体操ショット」を撮って欲しいです。

(西島さん演じる滝さんの美しいアキレス腱伸ばしのお写真は必見です!!(ダイマ))*1

手元に残る写真が欲しい!

つい先日、件の失恋男子の予約が開始しましたね!

shitsuren-banashi.com

確か予約前の告知では「23人の俳優×3種のブロマイド」が完全にランダムで特典として付く、様な事が書いてあった気がするんですが、今は予約時にランダムブロマイドの俳優だけは選べるようになっているようです。

その英断に感謝感激雨霰です。

そして今改めてURL習得の為にページに飛びましたらキャストプロフィールページが!!

できていました!!!!!

制作様有難うーーー!!!!!!!!!

西島君が美人!!!!!!!!!!!!

http://shitsuren-banashi.com/images/cast/img_cast_17.jpg

私の推しを見てください!!!!!!!!!!!!

昨年の2月の回転する夜の時から思っていましたが、大分お顔の輪郭がしっかりした(暗喩)印象です。

結構首が太くて逞しいんですよ。

私は西島さんのチャームポイントはこの、キャラクターメイキャップをする時に必ず消えてしまう鼻筋にあるホクロだと思っています(チャームポイントは他にも沢山あります、内側に入り込む眼球とか)。

愛嬌があってとっても好きです。

んもー、本当にこの写真集が楽しみです。

 

今回の写真集は、23名の男前達が一冊になったお得な作品ですが、やっぱり一冊は西島さんで埋め尽くされた写真集が欲しいなって思いました。

紙物のグッズに凄い執着があると言う事に、つい最近気づいて、そうなってくるともう、何で西島さんは写真集出してくれないんだろう…と渇望が凄いです。

 

以前に友人と「西島さんはファッション誌とかのモデルとか似合いそうだね」と話した事がありました。

彼は体のラインが隠れがちな服をよく着ていた印象ですが、実は肩幅しっかりしてて腰がギュッとなっているので、中々カッコいいシルエットを作れるんじゃないかなって私は思っています。

過去にピューロランドで行われた【BrilliantStar☆デコレーションズ】様で、西島顕人さん、伊勢大貴さん、小西成弥さんの3人でモデル・ファッションショー審査員として参加*1していたのですが、こう言う少し現実離れしたお洋服も良いなあ~って思ったので、けんともるイベントのブロマイドで着た様な可愛らしい系とちょっと離れた、イベント中に着て登場した時のようなカッチリした皇子系のお洋服で写真集作って欲しかったなあって思いました。

もう年齢的に西島さんが嫌がるかな…と思って、もう出なさそうだから好き勝手言います(笑)

 

是非今年は西島さんの写真集欲しいです。

どこにお願いすればいいんですかね…!!取りあえず失恋男子発売めっちゃ嬉しいの旨お手紙しようと思いました。

*1:

ameblo.jp

画像が壊れてしまっているのが残念なのですが…とっても可愛いです。