読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵内殻より

考えてるけど答えは出ず

期待したい

随分前に見た夢の事を思い出しました。

よくある「大好きな芸能人が出てくる夢」なんですけれど

こういう夢の時、自分は大体カメラになっている場合が多くて、例えば夢に推しが出たとして、自分自身と何かをしたりすることはなく、私はずっと彼を追いかけて撮影しているカメラみたいな存在で、その場にいないんですね。

でもそのときに見た夢は珍しく自分自身が登場していて、推しと、その子と仲の良い子とセットで催されたイベントに参加していると言う内容でした。

オタとは言えないぐらいなんですが、フィギュアスケートも大好きで、その要素も混ざってか、何故か3人でスケートリンクを一周する間お喋りできるみたいな。

ここで夢なので許してほしいんですが、何故か滑る際推しともう一人の子の間に前後から抱き締められる状態で滑ると言う

実際にやられたら死んでしまう様な体勢だったんですが、夢の中でも案の定パニックになっていた私は二人が相槌を打てないくらい色々な事をまくし立てていました。

あの動作が好きだとか、ブログで言ってたあの話が面白かったとか、あとスケートにちなんで「(推し)君は○○選手の×××ってプログラムが似合うと思います!○○○選手はウンタラカンタラ」とかめちゃくちゃに喋っていました。

夢の中でもそんなはちゃめちゃな喪女に対して、ニコニコしてた二人なんですが

私が「お二人でする二人芝居みたいなのが観たいです!お二人はこんなこんな人なのかなって思っているので、こういうこういう役が観たいです!」と言った時に

 

前にいた子「ははっ、俺らに期待しすぎ」

後ろにいた子「ね。(多分笑ってた)」

 

そこで目が覚めました。

夢の中で何故そんな現実突きつけられなければならないのかと泣きそうになりましたが

実際私はきっと期待しすぎているんだろうなとは思いました。

 

夢の中での二人は多分、自分が話した「二人はこんな人」の部分に「期待しすぎ」と言った所が、何となく自分の過度な期待への自分自身の戒めかなと、最近はできるだけ落ち着こうと考えているんですが

でもやっぱり先日のストレート舞台のお知らせとか、久々の推し事で、物凄いヒートアップしてしまっていて

楽しみな感情がイコールで期待になっていて、楽しみな反面とても不安だったりします。

どうなってるんだろう。

何をしてたんだろう、私が知らないだけで、何か舞台に出たりしてたのかな。

とか。

真面目に追いかけたり調べたりしている訳ではないので、ブランクとか言いたくない

けれど

 

期待しすぎかもしれないけど

大好きだから期待したいです。