読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵内殻より

考えてるけど答えは出ず

とうらミュ雑感

11/3は舞台を二つ観劇の為東京へ行っていました。
昼にミュージカル刀剣乱舞、夜はミュージカルテニスの王子様 青学vs聖ルドルフ学院大千秋楽。

昼のとうらミュだけつらつらと。
まず、こちらの公演が原作にしっかりストーリーがある訳でもなく、今回「トライアル」であり「本公演」は来年の五月であると言う状況、更に「1幕:ミュージカル、2幕:ライブ」と言う構成で、全く予測がつかなかったのですが…(笑)
1幕、2幕ともとても楽しい内容でした。ただ、二つともガッツリとした内容でしたので観終わった後「楽しかった…けど、疲れた…」と言う感想が友人と共通して出てきました。

ストーリーの事などはちょっと調べれば色々な方が書いているので、私は気になったところ等を箇条書きで。

ネタバレなど含みますので、畳みます。


・舞台いっぱいの大階段、衝立などを利用した映像演出が綺麗。
・最初の刀が刺さって曲と共にその後ろから刀君達が出てくるところは鳥肌
・りゅじ君、流石のキャラクターメイキング。でも部隊編成のせいか、若干苦労人キャラっぽい?
・「しゅんやそんなに背小さかったっけ!?」と思うほど、今剣と岩融の身長差が凄かった気が。
・敵のガワ、めちゃめちゃカッコいい!!てか、敵の皆さん殺陣凄い…(調べて分かりました、上手さに納得の所属先)
・刀君六振り以外の、人間組四名の皆さんの熱演ぶり、そこだけ別の舞台で観てみたいと思いました。
・今回、初めて菊丸以外の黒羽麻璃央さんだったので、知っていたはずなのに「三日月さんの演者さん立ち居振る舞い綺麗だな、落ち着いた人だなあ、誰d おまりちゃん!??!!!」ってなりました。
・さきやま丸さんは、自分の顔が綺麗に見える角度を知っているのか、お顔(特に横顔)がいちいち綺麗だなと思いました。流石宇宙人アイドルがお友達にいるだけありますね^^
・ストーリーが割とがっつり泣かしに掛かってくるのでハンカチがびしょびしょになりました。
・加州「戦で折れれば本望だろう…!」(※ニュアンスです) 私oO(違うよ…!!バカ…!!!そういう事じゃないんだよ!!!)(号泣)
・曲が全体的にJ-POP過ぎて完全なる挿入歌…?扱い、状況説明とかキャラクター紹介の曲が無くて、私がテニミュに慣れ過ぎてしまっただけで実際他の舞台はこんな感じなのかな?と思いました。
・でも結構曲が抽象的すぎないか…?
・そこ歌わないの!?みたいなシーンが多かった気がします。本公演でどうなるのかなあ
・出陣の曲の「失う事など 恐れない~♪」の所の刀を持って舞う所が凄く本山先生だーって思いました。
(エンタステージさんのゲネプロダイジェスト動画で観れます)
“刀剣男士”の戦いを見よ!ミュージカル『刀剣乱舞』 トライアル公演 - YouTube


・「これから一体何が始まるんです…!?」と言う感じの2幕
・突然の軍服、何の説明もなくいきなり始まるライブ、意気揚々と作ったパリピ棒を振る事も忘れポカーンとする私。
・「優れた武将は唄や舞も優れている」(三日月さんだったかな…)のセリフによりライブが始まります。
・脱ぐ(1回目)
・めっちゃカッコ良いんですけれど、アレこれ1幕で歌ってないよね?!な曲が続いて、何かもう全く別物として楽しみました。
・アンサンブルの皆さんに「君の名前教えてよ><!!!」って言う、ダンスがめちゃめちゃ私好みの方がいて必死でお顔を覚えました。
・脱ぐ(2回目)
・三日月さん加州君の背中がまぶしい、小狐丸の腹筋凄い
・突然太鼓と共に現れる弁慶様、そして義経様方
・\ドォーン!!/(太鼓の音) \弁慶様ー!!/    \ドォーン!!/(太鼓の音) \義経様ー!!/
・和風の曲がめちゃくちゃカッコいいので全体的にこういう曲で構成してほしかったなあ。
・多分、あの客席降りの曲が日替わり曲だったんでしょうか。さきやまさんが凄く好きなので、近くを通ってくれて嬉しかったです(やっぱりお顔綺麗でした)
・カーテンコールで、案の定ですが「君の名前教えてよ><!!!」って思った方達が大体敵の脇差さん、打刀さんでした。ガワ着てあんなに動けるんだから、そりゃダンス上手いっすよね…

総括:テニミュでいう所の、本公演とドリライを立て続けに観た様な感じで、体力を一気に持って行かれたました。
楽しいけれど苦しい、苦しいけれど楽しい、忘れちゃいけない、2.5次元ってそういう事…(歌:越前リョーマさん)
テニミュの会場、水道橋に向かう道すがら、とうらミュ観劇中変に力が入っていたのか、股関節と太腿がめちゃくちゃ痛かったです。
テニミュを観終わる頃には足だけ満身創痍でした