卵内殻より

考えてるけど答えは出ず

クロノステージvol.3「鏡の中のAuftakt」を観劇しました

11月30日~12月4日まで上演されていました、アルスマグナの舞台を観劇してきました。

会場は銀河劇場。推し君をここで観たいと思っていたら、アルスちゃんが先に立ってくれました。

f:id:trgr:20161208014259p:plain

色々な背景や事情などをすっ飛ばしているうえに、ネタバレなどあります。

背景や何やらは追々…。取りあえず私が感じた事を書き殴ります。

ネタバレガッツリなので、上演はもう終わりましたが、DVDを観るまで知りたくない方はお気をつけ下さい。

 

続きを読む

ブログ始めて2年経ちました

早いものでこのブログを初めて2年が経っていました。

本当は昨日に書かなきゃって思ってたんですが、色々東京行きの準備をしていて、結局書けずじまいでしたが!

なんか記念に書いとこう!書けそうだし!と思って今書いてます。

気づけば追っかけ対象が増えました。

西島顕人さんと、もう一人は、というか一組はアルスマグナ

アルスの中でも朴くんが大好きです!!

 

私は心が危うそうな人が好きで、色々ひっくるめて

「ちょっと頭がおかしい子が好き」と

「どこも見てない目でこっちを見てる子(が好き)」

って言ってたんですけど、「推しが可愛い日常」さんで見かけた「精神的な不健康さ*1」と言う言葉で

「そ、そ、そ、それだぁああああ~(開脚前転)」

って思って、説明する時によく使わせていただいてます(勝手にスミマセン)

ブログを始めて色々な方の記事を読むようになって、西島くんも朴くんも、質は違えどどっちも中々精神が不健康で、そういう子が好きなんだと自分自身改めて気づけた事がとても有り難かったし、多少なり、気持ちを表現する事ができるようになったので、あの時仲間内の「やろうぜ!」の勢いに乗っかって良かったなあって思いました。

これからもこんな感じで薄気味悪い事書いていこうと思います。

舞台を生かすたましい

ふと、ツイッターでフォロワーの方と「演者の私物とかじゃなくて、○○の地方公演で舞台に貼られたバミテとか欲しい」と言う話になって、ふと思い出した事とその時思った事を。

バミテに残った靴跡とかヨレで感じるものもある、とはフォロワーさんの言。

私も舞台のセンターに貼られしバミテに残る靴跡に思いを馳せたい。

 

そこでふと、回転する夜の事を思い出しました。

 

4回入ったんですが内3回最前列でした(腰が抜けました)

回転する夜は物語の内容上暗転が結構あるお話で、更に、同じ内容を少しずつ少しずつシチュエーションを変えて進めていくためか、暗転中の人物の移動も多いです

そこで、最前列ではたと思ったんですが、蛍光バミテが物凄い量貼ってあって、凄い戦慄しました。

多分色んな舞台で当たり前な事なのでしょうけれど、私は最前列なんてその時がホントに初めてでしたし、意識を保って舞台を観るなんて、そんなにできていなかったので、本当に驚きました。

床だけじゃなく、机や柱や色んな所に最前列でギリギリ認識できる、ほんのり気にならない程度にともるあの一個一個のともし火があの舞台の魂の一部だったのだなあとぼんやり思いました。

9月にアルスマグナ主演の「ザ・ムービー アルスマグナ危機一髪!」を観に行きました。

今年の9月17日~23日の一週間限定、全国12か所で公開されたアルスマグナ主演映画を観てきました。

http://ars-magna.jp/img/arsmagna_cd/the_movie_h1.jpg

先日11月2日にDVDが発売されたので、良いかなあと思って別所で書いた感想をこちらに記録しておこうと思います。

これを機にアルスマグナカテゴリを作りました。 

 

私の地元からだと一番近いのが福岡でしたので、行ってきました、17日初日!

一週間限定公開なのに、一日の上映回数は2回(うち一回はレイトショー)と言う鬼畜仕様、二日前くらいにならないと上映開始時間も解らない状態で福岡へ行ってきました片道5時間掛けて!!!

映画1本観るために往復10時間掛けたの面白すぎて周りにめっちゃ話しました。

舞台2回観るために往復10時間は普通みたいな気持なのに、映画1本観る為だけの往復10時間は凄い面白かったです。

多分映画の上映時間が60分しかなかったのも要因だと思います。

60分の映画を1回観る為だけに往復10時間掛けました。ウケる(ウケない)

 

続きを読む

会いに行く人になった君

すっごく久しぶりに、西島さんが姿を見せました。

ブログの通知が来たときにリアルに泣いた…

前回のブログがブラコンの記事だったので2か月ぶりの記事でした。

誘われたにしても、3rdの氷帝を観に行ったと言う事実が嬉しかった。

 

まず、最初に。

とりあえずあの記事に添付されている写真*1の、西島さんの、容貌!!!!!

若干儚げな微笑みたたえて、黒髪を少しふわっとさせて片方だけ耳に掛けてますね。

その髪型最THE高…;;;;;かわいい新記録;;;;;;;;;

だいすち;;;;;;;;;;;ってリアルで声に出して言ってしまうくらいに、私はまずアシンメヘアがへきな所があるので、片耳に髪掛けるのイイヨイイヨー!!!!な派閥なんですが、西島さんのあのヘアは奇蹟かと思いました。

似合う…;;;;;

あと軟骨ピアスにドキドキしました。あの位置に穴開けるの中々…って勝手に思いました。

元々肩幅が広くて腰回りがまん丸でちょっと大きいし、彼も自称しているし私もそうだろうなあって思っているんですが、体型が変わりやすい(太りやすい)ので、白って膨張色だけど、でも西島さんはとっても白い服が似合うんですよ…(贔屓目)

以前に胸から上にモノクロの薔薇が描かれた白のトレーナーを着ていたんですが、男性で中々そう言うの似合う人って限られると思うので、そう言う服もっと着て欲しいて思いました。

テニミュブログさんにもテニミュファミリー報告記事*2で写真が上がってて、一人でその記事のPV数上げてる気がするってくらい事あるごとにアクセスしてました。

足元まで写ってる写真はテニミュブログさんだけだったので…!!!

サンダル*3!!!!!そのサンダルかわいいね!!!!!!!!(盲なんでもかわいい)(余りにぴったりな誤字で敢えてそのままにします)

久しぶりの推しの近影に興奮が冷めやらなかったです。

 

そして、山﨑晶吾さんとのツーショットを見て。

滝さんのポーズで写っていましたが、二人の滝さんの解釈が良く伝わるなあって。

顎の下に置いた手の甲の向け方、指の形、目の表情とか、全くの他人なんだから、そのキャラクターの作り方はそれぞれ違うのは当たり前だし、実際に観に行って肌で感じているはずなんですけれど、取るポーズは一緒でも、端々にそれぞれの解釈がにじみ出ていて、何だかとても感慨深かったです。

 

滝さんは、2ndシーズンで初登場したキャラクターです。

(滝さん以外だと、不動峰の内村君と森君、四天宝寺のオサム先生が初登場でしたね)

初代滝萩之介*4の彼には、公演中、会いに来る先代がいません。

全員が来れた訳ではないけど、1stの氷帝メンバーが来た中で「来れなかった」ではなく「いない」のは彼だけで。

 

私は特に西島さんが演じる滝さんが大好きで、勝手に思い入れが強いので、あの日、西島さんはどんな思いで、山﨑さんに会いに行ったんだろう。

西島さんが滝さんだった時、一体どんな思いで、会いに来る人がいる皆を見ていたんだろう。

特に何も考えていなかったかもしれないし、関係ない私が勝手に思い詰めてるだけではありますが、でも、西島さん本人が「会いに行く人」になって、どんなことを想ったんだろう。

 

テニミュをこう言う視点で観たのは、初めてだったので、もし似たような事を考えた方がいらっしゃったら、その時のお話とか聞いてみたいです。

*1:こちらをご覧いただきたい、凄い美人だから。

ameblo.jp

*2:テニミュブログ 3rd|9月23日(金) スタッフブログ578

*3:Kawaiiフェスティバル

https://www.tennimu.com/blog/users/3rd/photo/detail/3_1609240141508738.jpg

*4:通常「○代目」みたいな呼び方は主に青学だけですが、これはwowowで放送されたドリライの副音声で青木玄徳さんが発言した表現です。